何もしたくない時こそ自分のために行動する【疲れた時、無気力】

Tips

 何もしたくない。何だか疲れた。気持ちがまとまらない。すっきりしない。そんな時ありますよね。
 
 先日こんなことがありました。

 ひたすら頭の中で考え事をしながら運転をしていて、いつの間にか目的地に近づいていて
 「あ、もうこんなとこまで運転してきたのか」とハッとなったのです。
 無意識に運転していて心ここに在らずな状態。(危ないけどあるあるよね!)

 いつもの調子に戻りたいけどなかなかマインドが追いつかない…。
 この記事には、そんな精神状態から抜け出すためのセルフケアの方法が書いてあります。
 

 

何もしたくない時こそ自分のために行動する

 シャキッとすぐに気持ちの切り替えが困難な場合は時間に頼るしかないかなと思いますが、自分でマインドコントロールできる場合もあります。
 時間に頼りつつも、少々自分のために行動してみましょう。

いつもと違う暮らしをする。

 何もしたくない、無気力な状態から良い意味で逃げるために、いつもと違う暮らしをしてみましょう。

 それは難しく考えずに、いつも行くスーパーとは別の場所に行く。近くのコンビニにいつもなら車で行くけど、歩いて行ってみる。テレビを消して過ごす。音楽をかけて過ごす。
 
 など、簡単にできる方法でいつもと違った暮らしをしてみることです。

 普段のルーティーンは、頭で考えなくても無意識に行動しているようなものなので、新鮮な環境を作り、そちらに意識を向けさせること。
 それが意外にも心穏やかにしてくれて◎

自分の好きなものに触れる

 何もしたくない時こそ自分の好きなものに触れてみることは効果的かなと思います。

 前に書いた通り、いつもと違うスーパーへ行った時に「あ、美味しそうだな」といつもは買わないようなものを買って食べてみるのもOK

 好きな雑誌をひらく。何度も見た好きな映画を見る。大好きな家族の写真を見返す。大好きなカフェに行き、好きなコーヒーを飲んで、いつもよりも贅沢な甘いデザートを食べる。だったり。

自分が好きなもので、自分を満たしてあげよう



 自分で自分の気分を上げることは効果抜群。

ヨガをする

 そんな時こそ Do yoga!!!
 5分目を閉じるだけでもOK。
 マットを引いて、呼吸を感じる。
 瞑想が難しい場合は好きなように身体を動かす。

 ヨガを10〜15分でもすることで何だかすっきり!

 特に頭を下に下げるポーズは頭がすっきりして気持ちがいいです。

自分の感情を大切しよう

 何もしたくない、無気力な時の心理状態は、
 「ストレスが溜まっている」
 「考えすぎて脳が混乱している」
 「傷つくことや、嫌なことがあった」
 など、日々の生活で起こりうること。

 なので、何もしたくない感情を無理に動かす必要はないのですが、そういう疲れた心でいるのは辛いものです。
 できればいつもの自分らしさを取り戻してキラキラ生きていきたいものです。
 何もしたくない時こそセルフケアをしてあげることが大事だなあと思います*



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました