ストレスと付き合うこと【ストレスフリーで生きる?|ストレス発散】

Tips

 誰もが抱えるストレス。できれば避けたいし、ストレスフリーで人生生きていきたい!そう思う方も多いはず。

 「ああ、なんか最近私ってダメだな…」「なんだか疲れた…」
 「ストレスが溜まりすぎてつらい」

 そう感じてはいませんか?

 この記事では、ストレスとの付き合い方、向き合い方についてお話ししていきます。

ストレスと付き合うこと



 人間関係、仕事、家庭環境、育児などの日々の中で「嫌だな」「会いたくないな」「やりたく会いな」行動に対して感じるストレスもあれば、「寒い」「痛い」などのちょっとした不快な感覚もストレスの1つ。



 いくらお金を持っていても、豊かな環境で育っていてもストレスは避けては通れないもの。
 「ストレスフリー」なんていう言葉もあるけど、ストレスから完全に逃れることはできないのでうまく付き合っていくことが必要だと思っています。


 ストレスを避けて通るのではなく、ストレスとうまく付き合っていける心の強さや、身体の強さだったり、向き合う力があればストレスを強く感じさせないポイントだと私自身感じます。


 

自分を満たすこと

幸せだな。と思える時間を増やす。

 ここで質問です。あなたは今幸せですか?
 このクエスチョンに「うーん」と考えてしまったり、あるいは「NO」という答えであれば、心や身体に余裕がないかもしれません。



 ストレスを感じている毎日だからこそ、幸せを感じる時間を作ることが大事。

 毎日数分でもいいです。「あ、幸せだな〜」っていう時間を作りましょう。食事している時が一番幸せを感じるのであれば、特別に美味しいものを食べるでもいいです。
 なんでもいいです、もし思いつかなければ、天気のいい日に外を散歩してください!




日光を浴びることは、セロトニンという幸せホルモンが分泌されて、自然と体が喜びます!




 あとはちょっと難しいけど、人に尽くすこと。人に頼られたり、感謝されたり、喜んでもらうことは、とても幸せなことです。

好きなことをする。落ち着く時間を過ごす。

 あなたが好きなことはなんですか?無心になれるもの、楽しく思えるもの。

 観葉植物の世話をする、好きな雑誌をただ眺める、料理する、ヨガをする。


 「私が好きなもの、夢中になれるものってなんだろう?」


 自分に聞いてみてくださいね。そしてその時間は、スマホを手の届かないところへ置いて(これ大事)その作業に夢中になってください。


 いわゆるマインドフルネスの実践です。

マインドフルネスは、今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程であり、瞑想およびその他の訓練を通じて発達させることができる。マインドフルネスの語義として、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」といった説明がなされることもある。

ウィキペディアより引用



 自分を、満たす。

 この作業こそストレスを感じても、強い心を保つことができる大きなポイントの1つです。

 

自分を苦しめないこと。

 いつの間にか自分で自分を苦しめているケースがかなり多いです。
 ストレスまみれで頭がおかしくなりそうな場合、我慢しませんか?自分を追い詰めていない?

苦しむ選択をしない。

 これはケースバイケースなのですが、ぜひ自分に問いかけながら読んでください。

 仕事だと、嫌な作業や、苦手な人に会うことだったり、ストレスを避けることが難しい場合もあります。
 自分が「これはストレスだ」と感じる物事の中で、


・「嫌だけど、まだまだ頑張れる」と、ストレスを感じながらも自分の成長につながるもの、後で自分を楽にしてあげれるもの。

・本当に頭がおかしくなりそう。なんでここまで私は頑張らなきゃならないの…。


 と2つに分けてみて、後者なのであれば、自分で自分を苦しめているような気がします。

 「逃げる」選択はないですか?

 場合によっては、すごく勇気のいることかもしれませんが、自分を苦しめない選択をすることはとても大切。

 今日は疲れた、皿洗いは明日でいっか!そうゆう小さな作業からでも「やめる」ことを選択することはできます。

 あなたのことはあなたしか幸せにすることはできません。

頑張りすぎない。

 100%頑張ることは素晴らしいこと!

 でもいつも100%、120%頑張っていては大切なものを見失いがち。見えるはずのものが見えなかったり、自分に負担をかけていることさえも気づかなくなるかも。


あなたはいつも頑張っている!


 80%くらいでちょうどいい!残りの20%の心の余裕で、「もう少し頑張れるかも」「いや今日はこれぐらいでいいや」だったり自分と会話しながら、調整しながら無理なく生きていける気がします。

 今日も1日お疲れ様と自分に声をかける余裕も生まれるはず。

自分を満たし、苦しめないこと。

 
 ストレスの悩みは尽きませんが、うまくストレスと付き合っていける心の余裕や強さが大事だなと思います。

 全てのストレスを投げ出して、自由になろうというわけではなく、

「頑張れそうかな?」「無理してない?」「大丈夫?」

 と自分に聞ける余裕、強さが少しでも心の隅っこにあれば、自分をできるだけ苦しめずに生きていける気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました