一人では生きていけない理由。

YOGA

 こんばんは。MIKUです。
 

 深夜0時をまわりそうです。

 少しセンチメンタルになっております。



 この間、とあるヨガの先生のヨガ哲学講座をオンラインで受講しました。
 その余韻を引きづりながらブログを書いております。


 さて、「コロナウイルス」と何度言葉にしたでしょうか。
 頭に若干執着しているキーワードです。


 外出を避けて、人を避け、少し孤独を覚えてはいませんか?
 ああ、あの人に会いたいな。と思ったり、お花見へ行きたいな。ヨガをしに行きたいな(思ってくれていたら幸せです)と感じてはいませんか?

 一気に自由を奪われてしまったような感覚がありますね。約束事を守ることができなくなったり、いつもの習慣もなんだか自由にできなくなったり。


 このまま私たちがもし海外のように外出の許可をもらえなければ外に出れない状況で、好きな人に簡単に会うことができなくなったらと考えたらすごく寂しいですよね。



 何ヶ月、半年、1年と会えない日々が続くとしたらどうでしょうか。



 やっと会えた!!!その瞬間なんだか涙がこぼれそうです。



 それはなぜでしょうか?





 私たちは愛情無くして生きることはできないんですね。
 いくらお金があっても、一人では行きていけませんね。


 普通の毎日がどれだけ幸せで愛に溢れているのか、自分は不幸だと思った時により気付きやすいです。
 



 でも、普通の生活の中で小さな幸せを感じることができていれば、こんな状況になってもどっしりと構えて入られる気がします。



 ヨガの練習が今生かされる気がします。
 



 こちらの本もおすすめ。
 自分の気持ちが忙しくパンクしそうなとき、ざわざわしたとき。
 マインドフルネスの練習はそんな時に手助けになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました